後遺障害等級認定と示談成立

交通事故で後遺障害が残ってしまうことは多々あります。この場合だと後遺障害の等級認定を受けることになります。後遺障害の等級認定を受けることでそれに応じた賠償金を得ることができます。後遺障害の等級認定は後遺障害診断書を主な判断材料としますから、記載漏れや不備がないようきちんと作成してもらわなくてはなりません。また、後遺障害の等級認定に必要な検査を受ける必要もあります。保険会社から示談金としての賠償金が提示されると思いますが、そこですぐに応じてしまうのもリスクが高いですから注意しましょう。

示談示談はやり直しがききませんから、じっくりと考える必要もあります。できれば弁護士に示談金の金額をチェックしてもらうことをおススメします。また、弁護士に示談交渉を依頼することで賠償金の増額も期待できますから、できれば弁護士をあいだに立てたほうが良いでしょう。その後、示談成立となれば支払いが行われます。具体的に示談金が振り込まれるまでの期間ですが、少なくとも二週間程度はかかるとみておくべきです。示談成立から示談金が振り込まれるまでの期間は多少変動もありますが、おおむね二週間程度とみておくと間違いないのではないでしょうか。

〔参考サイト〕交通事故示談

発生から症状固定

警察交通事故に遭ったらまずは警察への届け出が必要となります。その場で警察に連絡せずに示談を申し込んでくるような人もいますが、このような交渉に応じてはなりません。警察を呼びたくないという方はたいてい何かしら後ろ暗いことがあると思いますし、もしかすると飲酒運転や薬物使用などの疑いもあります。その後、治療の必要があれば病院で治療を受け、入院の必要があれば入院することになります。症状固定になると保険会社から治療費打ち切りなどの要請が入ると思いますが、こうした要請については慎重に対応しなくてはなりません。

症状固定の状態になってしまうとそれ以降にかかった治療費や交通費などが請求できなくなってしまいます。保険会社としてはできるだけ出費を少なくしたいと考えていますし、早期で治療費や交通費も打ち切りたいと考えています。そのため、症状固定になるとすぐに治療費や交通費を打ち切りたいという要請があるはずです。無理に症状固定にする必要はありませんし、主治医が医学的に判断してくれますから慎重に対応することです。主治医とよく相談し、慎重に判断してもらえば良いでしょう。急いで症状固定にしてしまうと結局自分が損をしてしまいます。

交通事故の示談金

今まで交通事故に一度も遭ったことがない、という方もたくさんおられると思います。毎日全国のさまざまな場所で交通事故は発生していますが、事故にまったく遭うことなく平和に生活しているという方もたくさんいますし、逆にこれまでに何度か事故に遭ったという方がいるのも事実です。交通事故は誰もが遭遇する可能性がありますし、今まで一度も遭わなかったからといってこれから先も絶対に遭わないということはまずありません。

示談金交通事故の被害に遭うと示談なども必要となりますし、事故のせいでしばらく仕事ができないとなると示談金で生活する必要も出てきます。そのため、交通事故に遭ったときはできるだけ早く示談金を受け取りたいと考えるのが普通だと思いますが、実際のところ事故発生から示談金を受け取るまでの流れとはいったいどのようになっているのでしょうか。意外とこうした流れについてはご存知ないという方がほとんどでしょう。

ここでは、交通事故の発生から示談金を受け取るまでの流れについてご紹介したいと思います。自分にはまったく関係のない話だと思っている方もおられるでしょうが、先ほども言ったように事故に絶対に遭わない人はいません。いつどのようなきっかけで交通事故の被害者になるかは分からないのです。どんなに気を付けていても相手の不注意で事故に巻き込まれてしまうことはあります。もし事故に巻き込まれたときにはここでご紹介する発生から示談金受取までの流れをぜひ思い出してください。