後遺障害等級認定と示談成立

Pocket

交通事故で後遺障害が残ってしまうことは多々あります。この場合だと後遺障害の等級認定を受けることになります。後遺障害の等級認定を受けることでそれに応じた賠償金を得ることができます。後遺障害の等級認定は後遺障害診断書を主な判断材料としますから、記載漏れや不備がないようきちんと作成してもらわなくてはなりません。また、後遺障害の等級認定に必要な検査を受ける必要もあります。保険会社から示談金としての賠償金が提示されると思いますが、そこですぐに応じてしまうのもリスクが高いですから注意しましょう。

示談示談はやり直しがききませんから、じっくりと考える必要もあります。できれば弁護士に示談金の金額をチェックしてもらうことをおススメします。また、弁護士に示談交渉を依頼することで賠償金の増額も期待できますから、できれば弁護士をあいだに立てたほうが良いでしょう。その後、示談成立となれば支払いが行われます。具体的に示談金が振り込まれるまでの期間ですが、少なくとも二週間程度はかかるとみておくべきです。示談成立から示談金が振り込まれるまでの期間は多少変動もありますが、おおむね二週間程度とみておくと間違いないのではないでしょうか。

〔参考サイト〕交通事故示談